事件

唐田健也さん死亡「犯人のねらい」とは大阪府堺市集合住宅殺害事件

大阪堺市集合住宅男性死亡事件

11月21日大阪府堺市中区深井水池町の集合住宅の一室でこの部屋に住む唐田健也さん(63)が死亡しているのが見つかりました。唐田さんの全身には打撲痕があり、死因はろっ骨骨折による気胸であるとのことです。

唐田さんは1人暮らしでケースワーカが第1発見者だったとのことです。唐田さんを殺害した犯人のねらいとは何だったのでしょうか。事件について深堀していきたいと思います。

唐田健也さんが住んでいたのはエステートビル6 オートロック付き

唐田健也さんが住んでおり、死亡が確認された集合住宅の場所はこちらです。

大阪堺市集合住宅男性死亡

唐田健也が死亡した集合住宅をGoogleで場所を調べてみると「若月寮」とでました。唐田さんは無職であるとのことでしたので、職場の寮とかではなさそうです。

エステートビル6のある堺市中区で暮らす世帯年収は年収300万円未満の世帯が1番多く4割を占めているそうです。

大阪府堺市集合住宅

唐田健也さんが死亡していた部屋は4階にあったようです。調べてみると間取りは1Kのようです。間取りから1人暮らし用の部屋として推測されます。実際に唐田健也さんは1人暮らしをしていたとの情報があります。

他に定期的に自宅に通う家族は居なかったのでしょうか。家族の情報などはありませんでした。

大阪府堺市集合住宅

大阪府堺市集合住宅は築30年でやや古い建物でありながら、オートロック機能もついていたそうです。

オートロックとは

建物内に共用玄関のドアがあり、外からドアを開けるためには、鍵や暗証番号などを用いるか、居住者などに内側から鍵を解除してもらう必要があるものをいう

オートロックは不審者や部外者の入館を制限でき、来客をインターホンかカメラで確認できるというメリットがあります。大阪府堺市の集合住宅で死亡した唐田健也さんは何者かに暴行され殺害されたとされていますが、犯人は顔見知りでなければ部屋に入れないはずです。唐田健也さん発見当時、玄関の鍵は開いていたといいます。

はたして、唐田健也さん本人が自宅に迎えいれたのは誰なのでしょうか。情報を追って行きたいと思います。

唐田健也さん第1発見者はケースワーカー

唐田健也さんが集合住宅4階の部屋のリビングで倒れているのを発見したのはケースワーカーさんだということです。唐田さんは発見前日の20日午前9時頃死亡したと見られています。

ケースワーカーとは、生活保護受給者が適切に制度を利用できるように、指導したり相談を受けたりするのがケースワーカーです。唐田健也さんは無職であったため生活保護を受けていたのではないかと考えられます。

ケースワーカーは、生活保護受給者がどんな生活を送っているのか知る必要があるため、定期的に家庭訪問を行っているそうです。

生活保護を受ける条件

  1. 最低生活費以下の生活水準
  2. 親族には頼れない人
  3. 持ち家、預貯金、自動車などの資産も借金もないこと

とされています。大阪府堺市集合住宅で死亡した唐田健也さんは生活保護を受けている可能性が高く、資産がないため、犯人にる金銭目当ての犯行は考えられにくいのではないでしょうか。

唐田健也さん死因はろっ骨骨折による気胸

唐田健也さんの死因はろっ骨骨折による気胸とされています。全身には打撲痕があり、何者かに暴行されたのでないかとのことです。

気胸とは何らかの原因により肺から空気が漏れることで、肺が潰れてへこんでしまう病気です。おそらく、折れたろっ骨が肺につき刺さり、肺にある空気がも漏れ出てしまい唐田健也さんは呼吸困難を起こしてしまったのだと考えられます。

ある意味残酷です。動けなくなるまで暴行を加えたあと、呼吸困難に陥ってしまった唐田さんはそのまま助けを呼べず亡くなってしまったのでしょう。ここまでして、暴行を加えた犯人は、相当、唐田健也さんに怨みを持っていた人間に違いありません。

唐田健也さんが住む大阪府堺市は近年事件が多い

Twitterで大阪堺市事件と調べると多数の事件が出てきました。大阪堺市は治安や土地柄的ものが事件が起こる状況と関係があるのでしょうか。またその土地の人柄というのも関係あるのでしょうか。

事件真相がわかり次第また追記していきます

【追記】唐田健也さん暴行容疑で犯人逮捕

2023年1月4日唐田健也さん暴行容疑にて唐田さんの隣の部屋に住む無職の楠木大樹容疑者(32)を逮捕しました。

悪そうなやつですね~

唐田さんと楠木容疑者の関係について

「俺はこいつの金の管理を任されているんや。身寄りがないから俺が管理したってるんや」と答えています。

唐田さんに身寄りがいないということを逆手にとったのでしょうか。お金まで楠木容疑者にむしりとられ、唐田さんは暴行までされ、許せません。

楠木容疑者は唐田さんの暴行について「じゃれ合う程度だった」と答えています。楠木容疑者は11回にも渡り唐田さんに暴行を加え、しかも唐田さんは死亡が確認された際、ろっ骨が折れていたというのですから、じゃれ合う程度ではないですよね。人を死に

追いやるほどに暴行を加えた楠木容疑者に怒りが湧きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぽちゃっと伝ウェブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました