博多駅襲撃事件

寺内進母親から「満たされない愛情」恋人に向けた結末

寺内進画像博多駅襲撃事件

福岡県博多駅前で会社員川野美樹さんが刺殺された事件で、犯人の寺内進容疑者母親がインタビューに答えています。寺内進容疑者と母親について調査してみました

川野美樹子供「たった1人の娘へ見せる母としての姿勢」

寺内進Facebook顔画像「女たらしのアル中男」孤独が寂しくてたまらない

川野美樹刺殺犯人「美女と別れを拒否執着心の強い男」博多駅前襲撃事件

 

寺内進母親と2人暮らし父とは死別

調べによりますと、寺内進容疑者は父と死別し母親と2人暮らしていたようです。いつ父親と死別したのか不明ですが、母親はシングルマザーで息子を育ててきたのでしょう。寺内進容疑者が、刺殺した川野美樹さんと境遇が重なる部分があります。

寺内進容疑者は母親を境遇が似ている川野さんに重ねていたのかもしれません。

寺内進母親が育てた息子の人物像「二面性ある束縛男」

寺内進画像

寺内進容疑者を知る人の話です。

寺内進容疑者の勤務先の店長の話

「似たような仕事をしたことがあるので僕に任せて下さいじゃないけど、やったりますよみたいな強気な感じできました。お酒を飲んだらちょっと変わるかな。自信をもつじゃないですけど強気な感じになる。上の人間には「ペコペコ」二面性があるというかそんな感じ

寺内進容疑者は酒が入ると強気な姿勢に変わり、2面性が見られるようです。お酒で性格が変貌するのかもしれません。酒癖が悪い男とはこのような人をいうのでしょう。

寺内進容疑者の知人による証言

普段は明るくて場を盛り上げたりとかもするんですけど女性関係となると周りが見えなくなる

メールとかで色々暴言を吐いたりする

あとは家の前で待っていたり公園で待っていたりとか付き合っていた人とかに暴言吐いたり女性に対する束縛はよくあった

 

アルコール中毒ではないかというくらいしらふの時にあまり接点がない。悪酔いしだしたら、ちょっと暴力的な言葉遣いになってきたりとか、おらーとか、関西弁だったので、「われこら」みたいな

女性に対する束縛はよくありました。普通の人だったらないくらいの異常な束縛とかあったと思います

まさに寺内進容疑者が殺人を犯した被害者川野美樹さんと同じようなストーカー行為を、前彼女でも繰り返し行っていたことが分かります。

知人などによりますと、寺内進容疑者は束縛などの行為について自ら悩んでいたといいます。

寺内進容疑者の友人からの人物像として二面性のある束縛男であるということがわかりました。酒癖も悪く、二面性があるということは感情が分からず一番危険な男性像であることが想像できます。

束縛をしてしまう人の特徴として、

幼少期に親から愛情を十分に受けていなかったことが原因で、恋人を束縛する人がいます。例えば、幼い頃に、両親から育児放棄をされたり、虐待をされたり、育児放棄をされたり、虐待をされた経験がある人は、好きな人への執着心が強い傾向があります。それは、親から受けていなかった愛情を恋人に求めてしまうからです。

引用:clover.minden.jp

寺内進容疑者は、父親を亡くし、母親と2人暮らしであったとのことでした。母親からの愛情が不足していたのでしょうか。不足した愛情を恋人に求めるという傾向があったのでないでしょうか。

ネット上では、寺内進容疑者の愛情の形が違っているとの声が聞かれました。寺内進容疑者の幼少期時代に何があったのでしょう。なぜ、こんな愛情表現の仕方になったのか気になります。

川野美樹子供「たった1人の娘へ見せる母としての姿勢」

寺内進母親が育てた息子は「自己肯定感低い男」

俺なあ今日病んでんるねん だれか飲みにきてな!笑

 

アカンバリミスった。当分引きこもり。

 

一人やか酒ヤバイねー。落ちるわ

 

もーえ所詮クズなりに生きたる!

 

寺内進容疑者のfacebookの投稿では、寺内容疑者の陽キャラなイメージとは反面。自己肯定感が低いと思わせるような投稿の内容ばかりです。実際に友人からも「自分の束縛に悩んでいる」という情報もありました。

実際に世間から見ても自己肯定感が低い人と受け取られているようです。寺内進容疑者の自己肯定感が低い理由として、幼少期時代の育ちに関係あるのではないでしょうか。

寺内進Facebook顔画像「女たらしのアル中男」孤独が寂しくてたまらない

寺内進母親が語る息子のこと違和感まるで他人事

寺内進母親が取材に答えています。

「気は短いと思う」

「自分の思うようにいかない時や思いがうまく伝わらないとかそういう感じかな。人は殴らないけどモノにあたるかな。壁に拳をあてるとか」

寺内進容疑者の母親が取材に応じる様子は、明るい声で淡々と話すような印象を受けました。

とまた状況は一転として、寺内進容疑者の母親は

どうしよう…どうしたらいいだろう

と号泣し激しい動揺をあらわにする様子が見受けられました。寺内進容疑者の母親は、息子と似て起伏が激しい方なのでしょうか。

ネット上の声です。

始めは他人事のような話しぶりだったのに一転号泣。号泣するほど申し訳ない気持ちがあるのなら、始めからそれなりの言葉遣いをすると思います。垣間見えるこの精神面の不安定さは、我が子を相手への愛情を過度に求める「不安型」に育ててしまう場合があります。子供はランダムに現れる親の愛情を逃したくないと思い、無意識のうちに他の人にも愛を求めるようになります。                               ヤフコメより
このインタビューモーニングショーの前の番組ではもう少し長く使われていたが、母親も最初は一般的インタビューに答えている感じで明るい感じでしたが、インタビューアーの声を消した前後で半涙声と感情の起伏が激しいと取れました。その後号泣数秒での変化怖かった。           ヤフコメより

やはり、ネット上でも、寺内進容疑者の母親が取材を受ける様子では、あまり良い印象を受けなかったようです。取材を受ける寺内進容疑者の母親の初めの声のトーンからは、まるで今回の事件が他人事のようだとの声も聞かれていました。

 

川野美樹刺殺犯人「美女と別れを拒否執着心の強い男」博多駅前襲撃事件

 

 

 

ぽちゃっと伝ウェブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました