ニュース

大阪岸和田市2歳子ども車内置き去り事故過去の事故と重なる条件が多くある

大阪岸田市2歳子どもニュース

2022年11月12日の午後5時半ごろ、大阪岸和田市で2歳子ども渕上惺愛ちゃんが車の中から意識のない状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。父親が次女の惺愛ちゃん2歳が通う保育所に寄るのを忘れ、そのまま帰宅。長時間、車内に置き去りにしたとみられるということです。

毎年のように同様の事故が発生しています。中でも2006年に沖縄県名護市で起きた11か月乳児車内置き去り事故、2020年に起きた茨木県つくば市2歳児置き去り事故と今回、大阪市岸和田市で起きた2歳子ども置き去り事故の条件が重なることが多数ありました。なぜ同様の事故が起きてしまったのか、独自目線で分析して行きたいと思います。

大阪岸和田市2歳渕上惺愛ちゃん車内置き去り事故

大阪府岸和田市の市立保育所駐車場に止めた乗用車内で12日夕、この保育所に通う女児(2)がぐったりした状態で見つかり、間もなく死亡が確認された。女児を発見した父親(33)は「保育所に預けたと思い込んでいた」と説明。大阪府警は女児が約9時間にわたり車に取り残され、熱中症になった可能性もあるとみて経緯を調べている。

惺愛ちゃんは父親と母親(35)との5人暮らし。父親はこの日午前8時ごろ、姉妹3人をワンボックスカーに乗せて自宅を出発。長女(4)と三女(1)を同じ認定こども園に送り届けた後、次女を保育所に預けるのを忘れて自宅に戻った。母親は朝から仕事で外出していた。

父親は午後5時過ぎ、車に乗って保育所に次女を迎えに行ったところ、「今日は登園していない」と職員から告げられ、預けていないことに気付いた。車内に戻ると、後部座席のチャイルドシートで意識不明の次女を発見。午後5時25分ごろ、「呼吸がない」と自ら119番していた。 気象庁によると、現場に近い堺市の12日の最高気温は24・1度だった。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/413aae59d2a4a5827b9f87710d90b24afbf45df0

2020年茨木県つくば市2歳児車内置き去り事故

 茨城県つくば市で17日、2歳の女児が車の中で長時間放置され、その後死亡した事件。会社員の父親(40)は「(女児を)保育所に預けたつもりになっていた」と話した。県警は、女児が約7時間にわたって車内に置かれ、熱中症で死亡した可能性があるとみて、詳しい経緯を調べている。

県警などによると、父親は妻(42)と小学3年の長女(8)と、今回亡くなった次女の4人暮らし。父親は4月ごろから在宅勤務をしており、2人の送り迎えをしていた。朝は長女を小学校に送った後、次女2歳を保育所に送り届けていたという。両親は共働きで、この日母親は、仕事に出ていた。

捜査関係者によると、父親は17日午前8時ごろに長女を送った後、次女を保育所に預け忘れて帰宅し、車内に残したまま自宅で勤務していたとみられる。「仕事のことを考えていて送るのを忘れた。その後、預けたつもりになっていた」と話しているという。

父親はその後、小学校に隣接する児童館に長女を迎えに行き、長女を連れて車に戻った際、3列シートのうち2列目の座席のチャイルドシートでぐったりしている次女に気付いた。父親は激しく動揺した様子で周囲に大声で助けを求めたといい、近くにいた女性が110番通報した。

水戸地方気象台によると、17日は正午前に最高気温27・8度を観測し、7月中旬並みの暑さだった。県警は19日に司法解剖して死因などを調べる予定。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASN6L5S3RN6LUJHB00C.html

2006年沖縄県名護市11か月乳児車内置き去り事故

保育所に預け忘れ車内に放置、熱中症で乳児死亡…沖縄
沖縄県名護市の男性団体職員(31)が、生後11か月の長男を乗せた乗用車を職場の駐車場に止めたまま仕事を続け、長男が熱中症で死亡していたことが、6日わかった。
出勤途中に保育所へ送るのを忘れ、車内に約5時間放置しており、沖縄県警名護署は過失致死容疑で書類送検する方針。
調べによると、男性は4日午前8時ごろ、自宅を車で出発、途中で保育所へ寄り、運転席後部のチャイルドシートに乗せた長男を預け、出勤するはずだった。しかし、預けるのを忘れ、車に乗せたまま市内の職場の駐車場に止めていた。昼過ぎ、男性が自宅へ戻った際、車内で長男がぐったりしているのに妻が気づき、病院に運んだが、間もなく死亡が確認された。
4日正午の同市の気温は28・6度だった。

引用:2006年10月7日 読売
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061006i414.htm

子どもの車内置き去り事故3つの事故から共通すること

引用:ツイッター

出勤途中に保育園へ預け忘れる

大阪岸和田市2歳子ども車内置き去り事故の調べに対し父親は、長女と三女を別の施設に預けたあと、次女を保育園に預けるはずだったが「忘れてしまった」と話しているという。大阪岸田市の事故、沖縄県名護市の事故ともなぜ忘れてしまったのか明確になっていないが、2020年に茨木県つくば市で起きた2歳児車内置き去り事故での父親は「仕事のことを考えていて送るのを忘れた。その後、預けたつもりになっていた」と話しているという。

保育園の中には登園時間15分を過ぎると保護者の電話に連絡が来るシステムになっている所もあるそうです。確実に幼児の安否を確認するためには、保育園でこのようなシステムが活用できる所が増えるといいですね。

車内置き去り事故が起きた日、2件の事故は土曜日だった

2020年茨木県つくば市の2歳児車内置き去り事故が起きた日は、6月17日水曜日であったが、大阪岸和田市、沖縄県名護市どちらもの事故も土曜日になっています。保育園が連絡していれば気づけたのではないかという声が聞かれますが、土曜日保育は平日の保育と違い、登園する園児の数や出勤している先生の数も少なく、担任の先生が出勤しているとは限りません。また、土曜日に欠席の連絡をする保護者も少ない状況であり、先生方もあまり気に留めないという声が聞かれます。

送迎者が父親だったこと

「父親には危機管理が足りない」「子どもを忘れるという感覚がわからない」「母親に言われたから、父親が仕方なく送迎したという可能性があるのは?」という批判的な声が聞かれますが、アメリカで心理学や脳科学からこの問題に取り組んでいるデビット・ダイアモンド博士は、これを「赤ちゃん忘れ症候群(forgotten baby syndrome)」と呼んでいます。

人間は、行動の順番を事前に考えています。たとえば、家を出て、買い物をし、保育園によって、それから職場へ行く、というものです。ところが、ストレスが高かったり、いつも通りのルーチンが変更されたり、突然の出来事があると、途中でするべき行動をすっかり忘れてしまうことがあります

と述べています。つまり、父親であっても、母親であってもこのようなヒューマンエラーが誰にでも起きてしまうという可能性はあるということです。

父親の年齢は30~40代であった

大阪岸和田市の父親は年齢33歳。茨木県つくば市の父親の年齢は40歳。沖縄県名護市の事故では父親の年齢は31歳であった。男性の第1子出生時年齢全国平均は32.8歳となっています。父親は育児に不慣れであったのだろうか。大阪岸和田市で起きた事故での惺愛ちゃんは上と下に姉妹がいたようです。上の子でもまだ4歳ということから子どもたちはまだ幼かったのだということが分かります。

 

亡くなった子どもは後部座席でチャイルドシートに座っていた

大阪岸田市、茨木県つくば市、沖縄県名護市ともに亡くなられた子どもは車の後部座席でチャイルドシートにのり、身動きがとれなかった状態だと思われます。子どもたちは送迎時車で眠っていたのか、起きて会話などはなかったのか真相は分かりませんでした。

「子どもを忘れるわけがない」が一番のリスク 車内置き去り防ぐにはasahi.com/articles/ASQ7M 《海外で提唱されているのは、子どもを乗せる後部座席に、貴重品を一緒に置くことです》

「子どもは物と一緒か!!」と怒りの声も聞かれました。しかし、大阪岸和田市2歳子ども車内置き去り事故のような事故は過去にも多数おきており、繰り返されています。何か対策というものを考えないといけない状況にあると思われます。

「リヤシートリマインダー」

この機能があれば、もしかしたら防ぐことができるかもしれません!

こちらは、後席のドアの開閉でシステムが作動。走行後、車両を停車しイグニッションをオフにすると、メーター内のマルチインフォメーションディスプレイに荷物置き忘れ防止の通知メッセージが表示されるという優れもの✨

※後席のドアの開閉により荷物を積載したと判断。使用方法により、後席に荷物が積載されていても、システムが作動しない場合があります。後席ドアを開いて短時間で再びドアを閉じると、システムが作動しない場合があります。後席ドアの開閉後、一定時間経過後、エンジンONした場合、システムが作動しない場合があります。置き忘れ防止の通知メッセージが一度表示された時点でシステムは終了。

その後再び後席ドアが開閉されない限り、後席に荷物を積載したままでも、通知メッセージは表示されません。

この機能は、日本でトヨタのシエンタに初採用された機能なんです!!

引用:https://toyota-mobi-toyama.jp/blog/company/detail/5323

子どもの室内置き去り防止で、トヨタではこのような車も出されています。

事故当日の気温は24度以上であった

JAFが実施した車内温度の検証テストによると、外気温が約23〜25°C・車内温度約27°Cの状況でも、開始から1時間の間に車内温度は約37〜44°Cまで上昇するそうです。わずかな時間でも車内熱中症は起こり得ることを肝に銘じましょうとJAFは注意喚起しています。大阪市岸和田市、茨木県つくば市、沖縄県名護市すべてに共通するのが事故当日ともに24度以上、30度未満の気温にはなっていますが、熱中症で亡くなった可能性が高いと言われています

熱中症は、体温が上昇し、体の調節機能がうまく稼働しなくなり発症する。車内では、普通の夏の日でも致命的になりかねない。子どもたちは特に危険だ。「特に赤ちゃんや小さな子どもたちの体は、私たち大人の3〜5倍の速さで熱くなります」

と神経科学者は述べています。

大阪岸和田市2歳渕上惺愛ちゃん車内置き去り事件についてツイッターでの声

父親が次女を車に置き去りにして忘れて亡くなった事故(もはや事件)ですけど、私の『あり得ない』っていうツイートに対して「誰にでもありえることです」とか言う人いるけど、すごくない? え、本当に信じられない。 我が子忘れてもスマホと車の鍵は持って車降りてるんだよね?

 

しかし、子どもが登園してなくて親からの連絡もないのに、確認しない保育園っておかしいよね。。 昔はそういう事はきちんとしてた。 休む連絡をし忘れると保育園から連絡がきてた。 この間の置き去り事故といい今回の事故といい、保育園どうなってるの?って思ってしまうのは否めない。

また車に子どもを置き去りにしちゃう事件があったけれど ニュースを見ていて夫は 「こんなこと絶対有り得ない!」 と豪語していた。 しかし当事者もみんな「こんなことはしない」って思ってたはずだから 「仕事に追われてたり、疲れてたりしたら、もしかしたら…」という危機感を持ってほしい。

 

子どもの車内置き去り事故って、保育園とかなら管理責任がって責められて当然だけど、親のうっかりだと聞いてホントにつらい。 保育園に預けたつもりとかで車内に忘れて死なせてしまったとか、そんなのずっと自分を責めるし一生つらい。 まさかの大きなうっかりをすること、誰にでもあるもんな。

子どもの車に置き去りのニュースに対する批判的なコメント多いね。気持ちは分かるけど当事者がどんな人で普段どんな悩みを抱えて生きてるかなんてニュースだけじゃ分からない。第三者が余計な口出しするのはやめようね。

例の子ども置き去り事件 コメントで 園側が欠席確認の連絡してたら防げた みたいなコメント見掛けたけど 連れてくるまでは保護者の責任でしょ 園バスがあるなら園バスに乗ってからは園の責任だし 保護者が園に直接送迎するなら 園門をくぐってからが園側の責任 登園していない園児の責任まで

ツイッターでは、「子どもを忘れるなんでありえない」と批判の声や、「誰にでも起こりえること」と擁護する声、「保育園のせい!」、保育園を擁護する声など賛否両論の意見が飛び交っています。

何より、親の立場として、父親は故意に起こしてしまった事故ではないこと。父親はこのような事故が起きてしまったことは悔やんでも悔やんでも報われることはないと思います。幼くして亡くなってしまった子のことを思うと心底悲しい気持ちになります。このような事故が二度と起こらないように祈るばかりです。

 

 

 

 

ぽちゃっと伝ウェブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました